痛いと思うのならば、心を消すことに挑戦する

心を消す。それはそうそう簡単にはできないのだろうが・・・やっぱり「苦痛を和らげる」ためには有効なものであるでしょう。と、いうのも・・・多くの人は「こういうものから逃れたい」なんてことを思っても・・・痛みというのはそう簡単には逃れることができないままになってしまうからなのです。そのことを考えてみると・・・私たちとは、やっぱり「痛み」から解放されることがないまま生活をしなくてはいけないのか?なんてことを思うものでしょう。

歯医者ともなると、あの音から・・・「これは、絶対に痛い」なんてことを感じるのではありませんか?だからこそ、私たちはどういうことを元にして・・・「何をするのか?」なんてことを知ることが、しいては自分のことを守ることにもつながるものなのでしょう。さて、そのことを考えたときに・・・「痛み」とは、何をすることによって解消することができるものなのか?なんてことではありませんか?知らないこととはなんと恐ろしいことなのか。歯医者に行って・・・あの音を聞くだけでもいらいらしてしまうもの。それだけではなく「あんなにも先端のとがっているものを口に入れる」なんてことを思ったら・・・もう、今にも帰りたい気持ちになって仕方がないものでしょう。

さて、だからこそ、私たちはもっと気にするといいものなのです。痛いと思っている原因とは、自分で作り出している場合が多いものでしょう。それはイメージであり、聞いているものからであり。治療をしているときに、私たちは動くことができないものなので・・・そういうときには「五感を使う」といいでしょう。見ているものから感じるようにする。心を無の状態にする。人は、自分のことを守ろうと思ったのならば・・・痛みから回避するために、本気でそんなことができてしまうものなのです。だからこそ、まずはしてみるようにしませんか?治療はしなくてはいけないということを、かえることはできないのです。

韓国語 スカイプ

tiara お見合いパーティー 東京

大月 レンタカー

リンク